はじめての油絵

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

高校3年生のときに通っていた美術の予備校で描いた
はじめての油絵。

厳密には、高校の美術の授業で一度描いたので、2度目なのですが、
描いたうちに入らない程度の内容でした。

そして、その後すぐにデザイン科を選択しましたので、
現在まででこれが人生最後の油絵となっていて、
現存する唯一の作品です。(おお〜)
実家に飾ってあります。

改めて見てみると、はじめてにしては頑張った努力の跡が見えます(笑)

植物(ドライフラワーだったと思う)は、まぁ良い感じでしょうか。
細かいところまで描こうとしています。

テーブルはダメ。平らな部分をどういうタッチで描けばいいか
わからなかったのでしょう。
白を混ぜて適当に逃げている感じですね。

布も力つきてる感じ。
チェックの柄にいたっては描く気すら感じられません。

背景は最悪ですね。
これもどう描いていいかわからなかったようで
残像のように左右に適当に筆を走らせています。

全体の構図も…ダメですね。

こういうのを見ていると、またゆっくりとキャンバスに向かって
描きたくなってきますね。

あの頃、この状態で終えてしまって、
この絵ですら、まだまだこの先に筆を入れる楽しみがある気がします。

当分は、本業を頑張っていきますので、
老後の楽しみにでもいいかもしれません。(笑)

そのときは、大好きな
ゼザンヌのような絵が描けるよう頑張ります。

星野

カテゴリー: Days | 4件のコメント

Strawberry Shortcake

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

母親が、奥さんの誕生日にと作ったイチゴのショートケーキ。

クリームは、お店のショートケーキのように
しっかりとは泡立て過ぎず、
スポンジに塗って冷蔵庫でしばらくおくのが
しっとりとなめらかな出来上がりにする秘訣だとか。

イチゴの酸味が足りなかったと、残念がる母親。

小さい頃から、誕生日やイベントの時はお菓子を作ってくれて、
食べるばかりでどんなこだわりがあるかなんて考えたこともなかったけど、
いろいろこだわって作ってくれていたんだなぁ。

感謝。

星野

カテゴリー: Days | タグ: , , , | 2件のコメント

@さいたま市 市民の森

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

先日、家族で帰省したときに
「さいたま市 市民の森」に両親と散歩に行きました。

ここには広い芝生とリス園があり、子供を遊ばせるにはうってつけです。

屋内に自然に近い環境を再現しリスが放し飼いされており
間近でリスの様子を観察することができます。

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

前回、帰省時に訪れたときは、
リスがそこまで近くに出て来てくれなかったのですが、
今回は運良く目の前に何度も現れてくれたので
十分に観察することができました。

ただし、息子はまだそこまでリスには興味がないようです。。

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

「あっちで、あそぼうよ〜。」
と、足下にすがりついてきます。(まだ息子はしゃべれませんが…)

「よしよし。ボールで遊ぼう!」

柔らかいサッカーボールを持って来ていたので、
芝生でサッカーです。

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited


↑ 1歳5ヶ月の息子に、攻撃的なドリブル突破をはかる嫁。。

薄曇りの寒い日でしたが、息子も大満足の日となりました。

星野

カテゴリー: Days | タグ: , , , | コメントをどうぞ

工具2 – GROBET(グローベ)糸鋸

OLYMPUS PEN E-P2/ZUIKO AUTO-S 50mm 1:1.2


OLYMPUS PEN E-P2/ZUIKO AUTO-S 50mm 1:1.2


OLYMPUS PEN E-P2/ZUIKO AUTO-S 50mm 1:1.2

私のお気に入りの「糸鋸」です。
自転車パーツの加工用に購入しました。

糸鋸のフレームはいかにも安っぽい作りのものが多いのですが、
棚に並んでいたこの製品は、質感や作りの良さで目を引くものがありました。

各部は円筒形や直方体を組み合わせたような
直線的なフォルムでデザインされており、
フレームの長さは可動式で、ネジで固定する仕組みとなっています。
可動部分やネジ、鋸歯の固定部分の作りもとても精巧です。

GROBET(グローベ)というメーカーの製品で、
パッケージ・本体にはSWISS MADEと書かれていますが、
張られたシールには「GROBET USA」と書かれており
企業自体もアメリカの企業のようです。

この製品自体は、スイスのVallorbe(バローベ)というメーカーのものと
同型のようですので、OEMか何かだとは思いますが、詳細はわかりません。

とにもかくにも、「たかが糸鋸」ではなく、
「糸鋸でも手を抜かないこの作り」というこだわりが感じられる
お気に入りの工具のひとつです。

星野

カテゴリー: Favorite | タグ: , , | コメントをどうぞ

Jungfraujoch Top of Europe

PENTAX K20D/DA 1:2.8 40mm Limited

2008/06/20

カテゴリー: Days | タグ: , | コメントをどうぞ

ヘボくても

OLYMPUS PEN E-P2/LUMIX G 20mm F1.7 ASPH

隅から隅まで神経の行き届いた、緊張感のある美しいデザインもいいですが、
ヘボさのあるデザインもなかなか良いのではと思っています。

「敢えてヘボい」と、うちではよく表現するのですが、
決して「このデザイン良いですよー」と、よそさまにはお勧めできないのですが、
なんだか許せてしまう、愛嬌のあるモノがたくさんあります。

「愛すべきモノたち」です。

OLYMPUS PEN E-P2/ZUIKO AUTO-S 50mm 1:1.2

これは、奥さんがコツコツ集めている、
ドレッシングのおまけで付いてくるマグネット・クリップです。

格好は……決してよろしくないですよね。

ただ、無機質な冷蔵庫についていると、なんだか良いキャラなのです。
色も好みですし、真ん中のよくわからないフォルムも、
ぷよっとして、なんだかかわいく見えてきます。

…はい。ただ好きなんです。

※どうやらKiihne(キューネ)というピクルスやドレッシング、バルサミコ
などを作っているドイツではトップシェアを誇るメーカーのものらしいです。

星野

カテゴリー: Design | タグ: , , , | コメントをどうぞ

子供はつながりを作るのです。

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

子供が出来て、親や兄弟、周りとの距離感が
少し変わった気がします。

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

子供が居るだけで、今まで以上に家族が集まるようになりましたし、
電車で会った見知らぬおばあちゃんとだって普通に会話が生まれます。
店員のお姉さんだってニコニコしてくれます。

そんな子供ってすごい!と思うと同時に、
つながりがあるって大切なことなんだなぁ〜と改めて思った次第です。

星野

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

カテゴリー: Days | タグ: , , , | コメントをどうぞ