タグ別アーカイブ: 小物

盛り上げ役

14-12-23DSC08018-1

うちにはツリーがないので、
小物達を駆使して多少のクリスマス感を出してみる。

鶏を食べ、ケーキを作り、ワイン(子供はブドウジュース)を飲んで、
子供的には満足だったようだ。

ただし、プレゼントはクリスマスの日までお預け。

カテゴリー: Days | タグ: , , , | コメントをどうぞ

紙風船

PENTAX K-5/SIGMA 30mm F1.4 EX DC

子供と紙風船で遊んでいた所…
改めて見ると紙風船はめちゃめちゃ美しいな
なんて思いまして。

子供はまだ潰すのが楽しいらしく、
膨らましても膨らましても何度も潰してしまうんです。ニヤニヤしながら。
ところが、そうしてできた紙のシワが何ともいえないテクスチャとなり、
紙同士の色の重なりは光に透かすと柔らかく、深みがあり、
遊びながらハッとしてしまいました。

素材は「グラシン紙」。
よくあるトレーシングペーパーのパラフィン蝋を浸透させていない状態が
グラシン紙との事。
蝋がない分、より柔らかい印象なのかもしれません。

小さい頃から馴染みのある物も、
急に新鮮に見える瞬間があるから不思議です。

星野

カテゴリー: Favorite | タグ: , , , | コメントをどうぞ

Collection REGARDS

PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited


PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited


PENTAX K-5/FA 1:1.9 43mm Limited

白い釉薬の濃淡が美しいフランス製のお皿。

知っている人は知っている(らしい)、フランス シノン地方の
有名なアトリエ「ルギャール」で作られているコレクション(らしい)。

(私はよく知らない…)

うん。置いてあるだけで画になりますな。
我が家ではフルーツ置きとして。

星野

カテゴリー: Favorite | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

シロクマの親子

PENTAX K-5/FA 1:1.8 77mm Limited

多分、フィンランド製の木彫りのシロクマ。

普段はこんな置き方しないのだけど。

どちらの足の裏にも作った人のサインが。
Jonne(ヨンネ?)と書いてある。
ちゃんと一体一体、作り手の「責任」が感じられて好き。

星野

カテゴリー: Favorite | タグ: , , , | コメントをどうぞ

LIPTON

OLYMPUS PEN E-P2/ZUIKO AUTO-S 50mm 1:1.2


OLYMPUS PEN E-P2/ZUIKO AUTO-S 50mm 1:1.2

LIPTONのリーフティー、
エクストラクオリティ セイロン」と「エクストラクオリティ ダージリン」。
…の空き缶です。

奥さんが何年も前に缶目当てで購入し、
そのまま再利用して別のティーバッグを入れて使っています。
缶、かわいらしいデザインですよね。
この紅茶自体の味は、全く覚えておりません…!!

立方体なので、並べたり重ねたりしても納まりがよく、
グリーンとホワイト+ゴールドの組み合わせもなかなか良い色です。

*****

最近では新たな使い道が発見されました。

息子がそろ〜っと持ち出しては、
高い所を覗くための台として利用しています。

ゲームかっ!!

PENTAX K-5/SIGMA 30mm F1.4 EX DC

こんな小さい所によくもまあ…。
たまにコケます。

星野

カテゴリー: Favorite | タグ: , , | コメントをどうぞ

ピンバッジ

PENTAX K-5/FA 1:1.8 77mm Limited

ピンバッジはこの小ささに密度の濃い意匠が施されていて
なんだかいつも気になってしまうアイテムです。

うちでは主に奥さんがコツコツ集めています。
そして、ちゃっかり私も使っています(笑

お気に入りは、写真中央のキノコと
その右の熊のピンバッジ。

キノコはbru na boinneというブランドのもの。
とても細かい細工ですばらしい完成度です。
もうここまでくると工芸品的な雰囲気すらします。

熊の方はSmokeyBearという山火事防止のバッジです。
奥さんがアメリカにいた中学時代に入手したものだとか。

どちらもジャケットやパーカーにつけたりしています。

こうやって並べてみたのは初めてですが、
う〜ん、どれも個性的で素敵です。

星野

カテゴリー: Favorite | タグ: , , | コメントをどうぞ

ヘボくても

OLYMPUS PEN E-P2/LUMIX G 20mm F1.7 ASPH

隅から隅まで神経の行き届いた、緊張感のある美しいデザインもいいですが、
ヘボさのあるデザインもなかなか良いのではと思っています。

「敢えてヘボい」と、うちではよく表現するのですが、
決して「このデザイン良いですよー」と、よそさまにはお勧めできないのですが、
なんだか許せてしまう、愛嬌のあるモノがたくさんあります。

「愛すべきモノたち」です。

OLYMPUS PEN E-P2/ZUIKO AUTO-S 50mm 1:1.2

これは、奥さんがコツコツ集めている、
ドレッシングのおまけで付いてくるマグネット・クリップです。

格好は……決してよろしくないですよね。

ただ、無機質な冷蔵庫についていると、なんだか良いキャラなのです。
色も好みですし、真ん中のよくわからないフォルムも、
ぷよっとして、なんだかかわいく見えてきます。

…はい。ただ好きなんです。

※どうやらKiihne(キューネ)というピクルスやドレッシング、バルサミコ
などを作っているドイツではトップシェアを誇るメーカーのものらしいです。

星野

カテゴリー: Design | タグ: , , , | コメントをどうぞ