タグ別アーカイブ: Bridgestone Levena

白薔薇号と白レベナ

15-06-14DSC08146
15-06-14DSC08147
15-06-14DSC08149
15-06-14DSC08153
15-06-14DSC08157

カテゴリー: Bicycle | タグ: , | コメントをどうぞ

LevenaとBSMで多摩川

14-10-11L1001459
14-10-11L1001453
14-10-11L1001491
14-10-11L1001475
14-10-11L1001478
14-10-11L1001503

息子が自転車に乗りたがっていたので、多摩川に行ってみた。

多摩川までの行程は落ち着いた団地群の中の幅広い歩道を選び、
安心して子供でも走らせる事ができた。

一方で河川敷の道は危なかった。
土手の道はすっかりサイクリストが猛スピードで飛ばすサイクルロードと化していた。

老若男女の歩行者、ランナー、自転車がいるわけだが、
ペースの遅いお年寄りや子供にもかまわず、びゅんびゅんと追い抜きすれ違って行くローディーの多いこと。

もちろんマナーのよい方もいて、きちんとグループ内で前方に子供がいる事を声掛けして
ペースを落としてくれたり、徐行し十分な距離をとってすれ違ってくれる方もいるのだが、
だいたいは自身のペースを落としたくないがためにギリギリを猛スピードで抜けて行くのだ。

途中で無理に抜こうとしてランナーにぶつかりそうになって思わず声を上げていたローディーもいた。
広い道ではないのだから、やはりどちらかはペースを落として譲る必要があるのは明らかなのだが。

普段通勤でロードに乗る自分でも、河川敷でのこういう乗り方ってどうなんだろうと非常に疑問だ。
自転車に乗らない方ならなおさら、この状態では自転車乗りに嫌悪感を抱いても致し方ないと感じてしまう。

道は気になったものの、河川敷の広場は快適だ。
混み合ってもいないし悠々と敷物を広げてお昼を食べ、サッカーをして、おやつを食べ、家路に着いた。

カテゴリー: Bicycle, Days | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

また自転車

14-06-28R0002742-1
14-06-28R0002739

今日も午後、雨が止んだのを見計らって
自転車で遊んだ。

という、先のエントリーと全く同じ内容の事しかしていない。

しいて言うなら、ステムを上下逆さに付け直してハンドル高を調節、
また、ハンドルがクイックすぎたので気持ち増し締めして
子供がふらつき過ぎないよう調節、という事をした。

カテゴリー: Days | タグ: , | コメントをどうぞ

Bridgestone Levena #2

14-06-22R0002729
14-06-22R0002717

今日も午後、雨が止んだのを見計らって
自転車で遊んだ。

Levenaであるが、昨日の後輪調整時に、
クランクを回していると引っかかるような渋い動きをする瞬間があった。
そのときは詳しく調べきる事ができなかったので、
夜になり子供が寝静まった後、じっくりと調べてみた。

クランクを回し続けていると、定期的に重たく引っかかるような瞬間があり、
それを越えるとまたスムーズに回りだすようだ。
引っかかりを感じるタイミングをよく観察していると、
回している間に、チェーンの張りが緩むときとガチガチに張ってくるときとがある事がわかった。
しかも、結構な張りの差がある。
張っているときがクランクが重たくなる瞬間だ。

チェーンの張りが変化するということは、
チェーンリングかスプロケットが楕円に歪んでいるとか、回転系の軸が斜めに歪んでいるとか
そのような事くらいしか思いつかないが、いくら見ても明確な原因は見つけられなかった。

Levenaのチェーンの張り具合は、後輪の固定位置の前後で調整できるので、
張ってくるタイミングでもガチガチにならないよう、気持ち緩めに固定する事で、
クランクもスムーズに回るようにはできた。
ただ、張りに差が出る事には変わりはない。

また、チェーンのコマの動きが渋い箇所があったので
オイルでなめらかに稼働するよう馴染ませたことで幾分はましになった。

本当はBBやハブまでグリスアップして玉あたり調整できればよかったのだが
そこまでバラす気は起きなかった…。

ひとまず変な引っかかりは消えたので、これで良しとする。

しかし、こうして考えると、普段乗っているスポーツ自転車の
Shimanoやカンパのパーツがいかに高精度でできているかがわかる。

Levenaだって、子供自転車にしては安くはないが、
大人のそこそこのスポーツ自転車と比べると、やはり値段なりのパーツ精度なんだろうなどと
少し残念な気分になってしまった。

***

ネットで調べてみると、Levenaで同様のチェーンの張りが変わる現象をレポートされている方がおられた。
その方も原因は特定できなかったようだが、大変参考になった。
個体差なのか、固有の問題なのか、その辺りはわからない。

***

息子だが、昨日よりはだいぶ自転車に慣れてきたようだ。
今日は駐車場から脱出して、近所の公園までツーリングしてみた。
行って帰ってきたところ、楽しかったのか「もう一回行く!」と言い、
結局、同じ道を二往復した。

これならペダルも早めに付けられるかな?

14-06-22R0002731

お兄ちゃんにだけ自転車が買い与えられたので、
娘は「アタシノ、ジテンシャ、ナイネー」とずっと言っている。
「欲しいの?」と聞くと、「ウン、ペンク(ピンク)ノー。」と返してくる。

女子の好みははっきりしてるのね〜。
ストライダーでも検討するか。

カテゴリー: Bicycle | タグ: , | コメントをどうぞ

Bridgestone Levena

14-06-21R0002706

息子用に自転車を購入。
物はBridgestone Levena

自転車を買うとなると、
自転車好きの私としては息子用とはいえワクワクしてしまう。

昨年末あたりから、息子に自転車に乗ってもらいたいと思っていたのだが
ずるずると機会を逃し買えずにいた。
最近ふと思い出し、調べたところ見つけたのがこの自転車。

子供が乗れる本物のスポーツ自転車という宣伝文句で売り出している、
なかなかこだわった自転車のようである。
HPで、自転車業界では有名な檀 拓磨さんが起用されているあたりも
そのこだわりようが伺える。

ぱっと見た感じ、自分で調整可能な箇所が多そうで
デザイン的にも長く乗れる気がしたので、即決。
ボディカラーは黒と白があるのだが、将来的に娘にお下がりする事も考えて白に。
グリップやケーブルのアウターの色を変えるだけでも、女の子向けにもできるだろう。

ちょうど良く隣駅の自転車屋さんに在庫があったので、まずは試乗させてみた。
うちの子は110cmあるのでサイズはちょうどよい感じだ。
ただ、初めての自転車なので慣れるまではペダルを外して
バランスバイクとして使用する事に。
慣れてきたらペダルを付けよう。

***

当日持ち帰れるとの事で簡単な調整をしてもらい、
息子を乗せて私が後ろから押しながら帰った。

ところが、帰路の途中で後輪がどんどん重たくなり回らない状態になってしまった。

ブレーキの調整がイマイチなのだろう程度に考えて、
帰宅してそうそうブレーキ周りを見てみたのだが、
ブレーキワイヤーを緩めても回らないので、どうやらブレーキが問題ではなさそう。

よくよく見てみると、どうやら後輪のスプロケットをガードしている
巻き込み防止の樹脂製の円盤が、ハブと干渉して回転を妨げているようだった。
樹脂が削れて回転部分のキワが食い込んでいるように見える。

ちくしょうショップめ!と思い、一瞬ショップに再度持ち込んで見てもらおうとも思ったのだが、
干渉している箇所は見えているので勢いでバラしてしまう事に。
面倒だが後輪を外して、樹脂製の円盤を外し調整したところ
問題なくスムーズに回るようになった。

当然、きちんと調整されているLevenaはこの円盤が着いた状態で
問題なくタイヤが回っているはずであり、
今回もショップから出てすぐは普通に転がせていたので、
押している間にドンドンと食い込んでいった事になる。

削れたそのパーツを見ながら腑に落ちない感が満載ではあるのだが、
結果としてタイヤが回ってブレーキが効くので問題なしだろう。

しかし、普段自分が乗っている自転車とは違うので、
ホイールを外すにもクイックではないし、ブレーキなんかが共締めされていて
一緒にバラさなければいけないしで、買ってそうそう一苦労してしまった…。
しかしついでに注油したり、構造がわかったので、良しとしよう。

そして工具を出したついでに、ベルを外し(自転車でベルを鳴らすのは大っ嫌い。いらない)
リフレクターを外し(まだまだ公道も夜も乗らないので。必要であればフラッシングライトを)、
これでさらに軽くなっただろう……などと、意味もない軽さを求めて作業を完了した。

***

調整後、早速駐車場で乗せてみたが、
サドルにまたがった状態でスタスタ早歩きして、多少は脚を持ち上げて進む事もできたので、
慣れていけばすぐに乗れるだろう。

これまで三輪車もバランスバイクも乗せてこなかったので、
乗りこなすには多少時間はいるかもしれないが、
今から一緒に出かけられる日が来るのが楽しみだ。

しかし、新しい自転車って良いなぁ(笑
弄っていても楽しいなぁ!

14-06-21R0002709

カテゴリー: Bicycle | タグ: , | コメントをどうぞ