タグ別アーカイブ: ONKYO CR-185X

ONKYO CR-185X #2

SONY NEX-7/ZUIKO AUTO-S 50mm f1.2

前回、完治できなかったCR-185Xですが、
無事に全快しました!
もう読み込まないことも、音が飛ぶことも全くありません。

パチパチ!!

対応は以下。
・前回使用したグリスは汎用グリスであったため、
 今回はシリコーングリスを使用。(いずれもプラスチックに使用可のもの)
・駆動部の各部ギヤは外せる箇所は外し、グリスを落とし無水アルコールで清掃。
 シリコーングリス、ミシン油を場所によって使い分け。
 (厳密な使い分け箇所など知る由もないので、粘度の要不要で適宜判断)
・駆動部のベルトとピックアップレンズ部は、
 適合パーツを購入・交換。

以上。

これでこのプレイヤーが奏でる艶のあるまろやかな音を
また当分楽しめます。

ほんっとにうれしいです。

***
(以下、作業した人にしか伝わらない内容ですが…)

ピックアップレンズを交換するには、
前回ばらした部分より、さらに2、3、ステップ先までの
解体が必要となりました。

厳しかった箇所は以下の二カ所です。

<ピックアップ部に被さる白いギヤ>
ピックアップレンズを外すために、
被さるようについている白いギヤを抜き取る必要があったのですが、
こいつはギアの軸部分の先端を挟みすぼめて、引き抜かないと外れない構造です。

この軸がくせ者で、
アクセスしづらいボックス状の狭い空間の内側に抜け出ていて、
挟むべき軸先は1〜2mmほどしか露出していません。
(もしかしたら各部を完全にバラせば、アクセスしやすいのかもですが)

初めは、片手にピンセットを持ち、軸を挟みつつ、もう片手で引き抜こうとしたのですが、
力が入れにくい上に両手が塞がるため、本体の固定もままならず失敗。
何度チャレンジしようとしても軸の挟み方が甘いのか抜くことができませんでした。

そこで、嫁を召還して
自分が片手ずつに精密ドライバー(マイナス)を持ち、その先端で軸をしっかりと挟み押し出すようにすぼめ、
嫁には本体を固定しつつ、タイミングを合わせ引き抜いてもらう作戦に変更。

これを何度かチャレンジして、ようやく外すことができました。
あまり引っ張るとギヤや軸の破損にもつながるので、
結構不安な作業でした。

***

<ピックアップ部を支える金属棒>
もう一カ所は、ピックアップレンズのスライドレールとなる
金属棒の引き抜き方です。

初めロックだけ外せば抜き取れると思っていたのですが、
どの方向にずらしても、こじっても、抜きとれる気配はありません。

これを外すには、CDユニット部の全体を覆っている外側のケースも
合わせて外さないと取れないという事に、しばらく気がつけませんでした。
ネジも裏側にあるため、外せる事にもなかなか気づけず…

このケースを外す事で、問題なく金属棒を抜き取り
古いピックアップ部を外し交換する事ができました。

***

以上、個人的に困難だった箇所です。

しかし、その二カ所以外は、
そこまでバラせている方であれば問題なく作業できる範囲ではないかと思います。
素人の自分でも何とかなりましたし。

いろいろ検索をしてみると、ピックアップがだめになったら
あきらめている方も多いようですが、
ピックアップレンズが2,400円ほど、稼働部ゴムやケミカルを合わせても
4,000円くらいですので、この手間と費用と達成感であれば、
やらない手はないと個人的には思います。
(自分の場合、自転車もいじりますので、こういう作業があまり苦にならない事、
工具がそろっている事や多少は慣れている事もあるかもしれませんが)

いつになく長文でしたが、
それだけ感動もひとしおという事でご了承ください。

それではCR-185ファンの皆様、
すてきなCR-185ライフを送りましょう!

星野

カテゴリー: Favorite | タグ: , , | コメントをどうぞ

ONKYO CR-185X

SONY NEX-7/ZUIKO AUTO-S 50mm f1.2

自宅のCDプレイヤー「ONKYO CR-185X」。
社会人になってすぐに買ったものなので、
もう十数年は使っていることになる。

以前から割と音飛びするようになっていたのだが、
このところはディスクすら読み込まなくなってきていて、すこぶる調子が悪かった。
メーカーに出そうか買い替えようか、修理についてネットで調べていると、
自前で修理しているユーザーのサイトが結構引っ掛かった。

どうやらこの機種は値段の割に音がいい事でファンが多いらしく、
皆さん愛着をもって修理しては使い続けているようだ。
また、故障する箇所もだいたい決まっていて、
修理がしやすい事も長く使い続けられる理由のよう。

確かに自分もこれを買うときは、
家電店で予算の許す範囲の機種を聴きまくって、
一番、音がいいと思ったのがこれだったのを覚えている。
今聴いてもそこらのプレーヤーよりはいい音が出ていると思う。

SONY NEX-7/ZUIKO AUTO-S 50mm f1.2

そういうことならば……早速バラしてメンテナンスしてみる事に。

チェックすべきポイントは先人達のサイトに書いてある。
〜順番にバラし〜埃をブロアや掃除機で除去し〜プレーヤー部分を露出させ〜
可動部分をグリスアップ〜駆動ベルトを交換(プラレールの車輪のゴムでいけるという情報で手持ちのものに交換)
〜レンズをクリーニング〜元に戻す〜

うまく解体できない部分もあって試行錯誤しながら
何とか作業完了。

早速動かしてみる。
………
稼働はまったく問題ないが、
CDは読み込まなかったり、再生できても途中で飛んだり停まったり……
まったく症状は改善せず。。

う〜む。。

このような場合は、CD読み込み部のレンズを含めた
「ピックアップ」というパーツ自体の劣化が原因らしい。

幸いそれらの交換方法や入手場所も
きちんと掲載してくれているサイトもある。

こうなりゃとことん修理してみよう。

という事で、パーツを入手してまたチャレンジします!

星野

カテゴリー: Favorite | タグ: , , | コメントをどうぞ